キャッシングとローンをうまく使い分けましょう

キャッシングとローンは違う

クレジットカードを作るとローンが組めるようになるだけでなく、キャッシングも使えるようになります。クレジットカードとカードローン2つに加入していても同じですね。

どちらもお金を借りることには違いないのですが、キャッシングは用途不問なのに対して、ローンは使えるお店が限られるといった違いがあります。

キャッシングは用途を問われない

キャッシングは日本円が手に入るので、お金が使えるところなら何処であろうと何であろうと使えるということになります。手持ちの現金が無いときや、銀行に残高は無いけどATMがある場面でなら力を発揮します。

その代わり、即日返済しないかぎり、1日単位で金利が発生します。

ローンはポイントが付く

ローンはカードが使えるお店でしか支払いには使えません。ですが、一部を除いてクレジット会社のポイントが貯まります。

さらに、一回払いを選択すると手数料がかからないカードが多いのです。銀行からお金を引き出して支払いに充てたのと同じです。正確に言えば預金金利がありますが、今の日本では無いも同然。

キャッシングは非常手段、普段使いはローンで

キャッシングはあくまで非常手段であり、普段は一括払いローンを使えば、カードのポイント分お得でしょう。

関連記事

    のりかえローンとおまとめローンは最終兵器です

    キャッシングやカードローンの返済で生活が厳しい!という方の味方がのりかえローンやおまとめローンです。借り換え専用ローンなので、最終兵器と考えておいた方がいいでしょう。借り換えローンを利用したくなる場面について考えてみましょう。 記事を読む

    キャッシングやカードローンを使い過ぎないために

    ATMの普及によって、キャッシングもローンもとても使いやすくなりました。借りるのも返すのも時と場所を選ばなくなり、敷居もどんどん下がっています。でも、借りたものは返さなければ行けないのは昔から変わりません。うっかり使い過ぎるのを防ぐにはどうしたらよいのでしょう? 記事を読む

    ローンの審査では一体どんな点を見ているのか

    ローン契約をしたい人にとっては審査でどんな点を見られているのか気になります。審査内容は知られてきたものの、法律や情勢によっても変わりますし、会社によっても違います。審査で重要視されているポイントや、これをやると審査に落ちるというポイントを解説します。 記事を読む

    ローンの返済を早く短く終わらせるコツとは

    金利負担を気にしなければ、少額の買い物でもローンの分割払い回数を多くすることができます。便利な反面、なかなか返済が終わりません。ローンの返済を早く終わらせるコツはないのでしょうか?ローンを組んだ後でもできることはあるのでしょうか? 記事を読む

このページの先頭へ