キャッシングとローンをうまく使い分けましょう

キャッシングとローンは違う

クレジットカードを作るとローンが組めるようになるだけでなく、キャッシングも使えるようになります。クレジットカードとカードローン2つに加入していても同じですね。

どちらもお金を借りることには違いないのですが、キャッシングは用途不問なのに対して、ローンは使えるお店が限られるといった違いがあります。

キャッシングは用途を問われない

キャッシングは日本円が手に入るので、お金が使えるところなら何処であろうと何であろうと使えるということになります。手持ちの現金が無いときや、銀行に残高は無いけどATMがある場面でなら力を発揮します。

その代わり、即日返済しないかぎり、1日単位で金利が発生します。

ローンはポイントが付く

ローンはカードが使えるお店でしか支払いには使えません。ですが、一部を除いてクレジット会社のポイントが貯まります。

さらに、一回払いを選択すると手数料がかからないカードが多いのです。銀行からお金を引き出して支払いに充てたのと同じです。正確に言えば預金金利がありますが、今の日本では無いも同然。

キャッシングは非常手段、普段使いはローンで

キャッシングはあくまで非常手段であり、普段は一括払いローンを使えば、カードのポイント分お得でしょう。


このページの先頭へ