ローンの返済を早く短く終わらせるコツとは

ローン回数は増える傾向にある

リボルビング払い(リボ払い)のような、利用を増やしやすいが返済が長期化しやすい返済方法が、今のローンの主流です。リボ払いは、毎月の請求額が固定化されているため、使う立場としては気にせず使える利点があります。

請求額が固定化されているということは、使えば使うほど返済が後ろに伸びていくわけです。リボ払いの金額が少なければ、日々のちょっとしか買い物に使っているだけなのに、返済期間が数年にも及ぶこともあります。

返済が早いとは返済額が大きいということ

返済を早く終わらせるということは、毎月たくさんお金を返せばよいわけです。もし、一部繰り上げ返済が可能なら、給料日直前に余っているお金があれば、極力繰り上げ返済に廻すことです。ローンによっては全額繰り上げ返済が不可能なこともありますが、その場合も返済可能な額を入金します。

また、繰り上げ返済は早く行えば行うほど、返済総額はグッと少なくなります。

リボ払いの狙いは長く借りてもらうこと

積極的に返済したい人にとって、リボ払いに対して、なかなか返済させてくれない返済方法という印象も持たれるでしょう。

リボ払いの真の狙いは、細く長く借りてもらうことです。借りている間は金利収入がクレジット会社に入るからです。確かに利便性も高いですが、それは利用者のためだけではないのです。

リボ払いのローンは、残高スライド方式に切り替えることでもローン返済期間も、総額も圧縮できることになります。


このページの先頭へ